築10年も経つと外壁塗装も劣化し、見た目だけではなく家の耐久性まで悪化します。ここでは、外壁塗装の劣化に関するポイントと、劣化を放置することの問題点について記述します。

放置していると修理費用が莫大にかかる!?劣化のサインを早期発見

新築当時はピカピカの綺麗な家でも、月日が経過すれば徐々に劣化が現れます。紫外線や風雨に晒されている屋根や外壁は特に劣化しやすく、およそ築10年で劣化が現れるのです。放置すると家全体の耐久性が低下し、後々に高額な修復費用を支払うことになります。

次に紹介するのは、外壁の状態を見極める劣化のサインについてです。住んでいる家の外壁に当てはまる兆候があれば、早い段階で塗装の塗り替えを行ないましょう。

白い壁と手

チョーキング

チョーキングは、塗装に触った時にチョークの粉のようなものが指についてしまう状態です。長年の紫外線や風雨の影響で、塗膜が劣化することで現れます。

剥がれた壁

剥がれ

塗装の剥がれは、チョーキングと同じく長年の紫外線や風雨の影響によって現れます。塗膜の劣化によって雨水が建物内部に染み込みやすくなるため、鉄骨や木材が腐食しやすくなります。

壁のヒビ

ひび割れ

外壁のひび割れは、窓やドアの開閉や外壁素材のモルタルが収縮することで生じます。また、内部鉄筋の腐食やモルタルの内側にある金属の腐食によって壁が膨らむことでも発生します。雨水が浸透しやすくなるなどの問題が懸念されます。

サビ

金属部のサビ

外壁や屋根に使われている金属部のサビは、注意しなければなりません。サビで金属部の強度が下がると、金属部の耐久性が大きく損なわれます。

壁

色あせ

外壁の色が新築の頃と比べて色あせていることも、劣化のサインとなります。塗装に使われている塗料膜は樹脂で作られていますが、長年の紫外線の影響で表面が劣化すると、この色あせが現れるのです。見た目が悪くなるほか、汚れも付きやすくなります。

外壁

カビ・苔

外壁の中でも、陽の光が当たりにくい場所や結露の多い場所で発生しやすいのがカビや苔です。元々カビや苔は湿度の高い場所で成長するので、カビや苔が現れた場合は塗装の防水性が低下していると判断できます。

目安となるのは「築10年目」

上記のように、外壁塗装の劣化は、紫外線や風雨などの外的要因と、内部の鉄筋やモルタルの腐食による内的要因の2つが主な原因となっています。住宅の建材は常に負担がかかっている状態であるため、上の表のような外壁の劣化を放置するとどんどん悪化してしまうでしょう。
外壁塗装の塗り替え目安はおよそ“10年”。築10年目の家であれば、外壁塗装の塗り替えを検討することをオススメします。

外壁塗装を行なう真の目的

家のイラスト

外壁に多少の劣化が見られたとしても、塗装の塗り替えを行なう必要があるのかと考える人はいます。劣化部分を塗装で隠しただけで、外壁の状態が大きく改善するわけがないと思う人もいるでしょう。

しかし、外壁塗装は単なる家のデザインのためだけに施工するものではありません。塗装の塗り替えを行なうことで、家全体の耐久性を高めることができるのです。

家の寿命を最大限に伸ばすことが可能

家の外壁に塗装をする目的は、見た目の改善だけでなく、住宅の劣化を防ぐためでもあります。住宅に使用されている建材は、どれだけ品質がよいものでも50年も経てば劣化でダメになってしまいます。外壁への対策を行なっていなければ、さらに建材の寿命は縮んでしまうでしょう。外壁塗装を行なえば、紫外線や風雨などの影響を塗装が防いでくれるので、住宅全体の劣化を抑えることができます。
家族との大切な思い出が詰まった家に住み続けたいとする人もいるはずです。外壁塗装は、家を長く保つために最適なメンテナンス方法なのです。

住宅のビフォーアフター

塗料の選び方で耐久性と価格は変わる

外壁塗装に使用する塗料には種類があります。どの塗料でも使えば必ず要望通りの効果が得られるというわけではありません。塗装を行なう前に、塗料ごとの特長を調べておきましょう。
外壁塗装の塗料は、価格が高くなるほど耐久性が高く、また安くなるほど耐用年数は下がるものです。外壁塗装で使用される塗料の耐久性と価格を、下の図で表しています。

比較図表

おすすめするのは「シリコン塗料」

図に書かれた5種類の塗装の中で、最も価格、耐久性のバランスがよいのが、シリコン塗料です。カラーバリエーションも豊富にあることから、住宅の外壁塗装で最も使用されている塗料です。

初めて外壁塗装の塗り替えを依頼する場合、どの塗料を選ぶべきか、多くの人は迷うものでしょう。そんな時におすすめなのがシリコン塗装です。耐久性の高さの割に価格はそれほど高くない、コストパフォーマンスに優れた塗料なので選んで失敗するリスクが少ないのです。